助産師です、最近ヒマが多くなっています。


by uq6wldxrta

口蹄疫で処分6万匹超…東国原知事、農水相に支援拡充要請(産経新聞)

 宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫の被害が拡大していることを受け、赤松広隆農林水産相は10日、宮崎県庁で東国原英夫知事と会談した。知事は防疫のために必要な獣医師らの人員確保や、被害農家に対する国の支援拡充などを要請した。

 農水相は「協力できることはすべてやっていきたい」と強調。ただ、農家への支援拡充については「どういうやり方があるのか検討させてほしい」と述べるにとどめた。

 同県では4月下旬からこれまでに、牛や豚の感染疑いが見つかった農家や施設は56カ所に上り、処分対象は6万匹を超えた。国内では過去最悪の被害規模。農相は大型連休中にメキシコやキューバなどを訪れていたため、感染疑いが見つかってから同県訪問は初めて。

 知事は7日、同県を訪れた民主党の小沢一郎幹事長にも、処分される家畜の補償額の引き上げや、発生農家に対する無利子融資制度の創設などを求めた。

【関連記事】
「南九州旅行の自粛を」 口蹄疫で長崎・五島市“勇み足”
「宮崎牛は不使用」張り紙 九州の店、口蹄疫で不適切表示
宮崎の口蹄疫は韓国と同タイプ 農水省、O型ウイルス確認
東国原知事「風評被害回避へ封鎖」宮崎牛の口蹄疫感染
韓国で乳牛の口蹄疫感染を確認
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

富士山で滑落相次ぐ、女性死亡=男性2人も全身打撲−山梨(時事通信)
元巨人・中畑清氏、たちあがれ日本から出馬へ(読売新聞)
<阿久根市長>「花火規制条例」を専決処分 議会側反発(毎日新聞)
公務員の労働基本権 ILOで回復表明へ 仙谷担当相(産経新聞)
郵政見直し、限度額引き上げ理解できぬ 地方議員(産経新聞)
[PR]
by uq6wldxrta | 2010-05-11 03:03